J-Style Blog

何でも自分流にカスタマイズするのが大好きな20代のブログ。 iPhone、Win7、日記等。

iOSOpenDevでSBSettingsのトグル(サンプル)を作ってインストールしてみる


この記事は古いです。
他のサイト様を参照してください。

写真 12-02-13 18 11 24様々なTweakが作成できるiOSOpenDevのインストール方法から、SBSettingsの作成、インストールまでの方法を紹介します。

 

iOSOpenDevのインストール

  1. http://www.macports.org/install.phpからMacPortsをダウンロード、インストールする。The MacPorts Project -- Download & Installation
  2. ターミナルを起動し、

    とコマンドを打ってdpkgをインストール 。
    パスワードを入力後、処理が行われます。
    ものすごい時間がかかるので、とにかく待つ。

  3. 再起動
  4. http://iosopendev.com/download/からインストーラをダウンロードし、iOSOpenDevをインストールする。
  5. ターミナル起動し、

    とコマンドを打つ。「IPアドレス」には、SBSettingsなどで確認できるiPhoneのIPアドレスを入れます。(iPhone名.localでも良い。)途中でパスワードを設定し、YES/NOが出てきたらYESを入力します。

SBSettingsトグルの作成

いよいよトグルの作成に入ります。

  1. XCodeを起動して、新規プロジェクトを作成。iOSOpenDevのSBSettings Toggleを選択してNext。Xcode
  2. Product NameとCompany Identifierに適当な名前を入れ、Use Automatic Reference Countingのチェックを外してNext。Xcode-1
  3. Createでプロジェクトができます。
  4. 真ん中のBuild Settingsを一番下までスクロールし、以下の通りに設定します。
    iOSOpenDevDevice:iPhoneのIPアドレスまたはiPhone名.local
    iOSOpenDevInstallOnProfiling:YES
    iOSOpenDevRespringOnInstall:YES

    Xcode-2

  5. 今回はサンプルそのままなので、このままビルドします。
    Product→Build For→Build For Profilingを選択します。もしパスワードを要求されたら、iOSOpenDevのインストールの5.のターミナルで設定したパスワードを入力します。
    これで接続中のiPhoneがRespringして、トグルがインストールされるはずです。

    スクリーンショット 2012-02-13 17.55.26

    写真 12-02-13 18 07 05


, , , , ,

One Response to “iOSOpenDevでSBSettingsのトグル(サンプル)を作ってインストールしてみる”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。