iOSOpenDevでActionMenuPluginを作ってインストールしてみる(選択範囲をツイッターに投稿)

iPhone
この記事は古いです。
他のサイト様を参照してください。

選択範囲を取得して、Twitter for iPhoneから投稿するActionMenuPluginを作ってみました。
インストールは以下から。iFileなどを使って下さい。

ActionMenuforTwitter(デモ)

基本は、SBSettingsトグルの時と同じなので、一つ前の記事を参照してください。「// TODO: Implement プラグイン名」の下に、以下のコードを追加するだけで完成です。続きを読むからどうぞ。

ソースコード (コメントはかなり大雑把に書いてます。)

// TODO: Implement AMforTwitter Plugin
//選択範囲を取得
NSString *selection = [self selectedTextualRepresentation];

//取得した選択範囲(selection)を日本語対応
NSString *text = @"";
if ([selection length] > 0) {
text = [selection stringByAddingPercentEscapesUsingEncoding:NSUTF8StringEncoding];
}

//Twitter for iPhoneのURLスキーム
NSString *url = @"twitter://post?message=";

//URLスキーム(url)と取得した選択範囲日本語対応済み(text)を結合
NSString *tweet = [url stringByAppendingString:text];

 

 

 

//Twitter for iPhone起動
[[UIApplication sharedApplication] openURL:[NSURL URLWithString:tweet]];

写真 12-02-17 9 22 49

写真 12-02-17 9 22 57

少しでもActionMenuPluginを作る際の手助けになれば嬉しいです。

ActionMenu.hをよく見ながらオリジナルのプラグイン制作に挑戦してみて下さい。

配布するためのdebファイルの作成およびリポジトリの作成方法は、

簡単!Cydiaリポジトリ作成法 ~基本編~

を見てみてください。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

AppStoreアプリ
「ショートカット」アプリのコマンドで取得したい項目を変数で指定する方法

WorkflowがiOS12で日本語化されましたが、まだまだ日本語の対応が中途半端なようです。 「デ …

AppStoreアプリ
[swift3]WKWebviewの画面をキャプチャする方法[UIImage]

WKWebviewを画面キャプチャする際に躓いたのでメモ。 まずはスクリーンショットをUIImage …

iPhone
iWidgetを作ってみよう

ホーム画面をかっこ良く賑やかにできるiWidgetですが、自作できたら楽しいと思います。 ということ …